家族国家観の人類学 - 伊藤幹治

家族国家観の人類学 伊藤幹治

Add: ucofoz60 - Date: 2020-11-28 03:37:39 - Views: 2679 - Clicks: 2120

家族国家観の人類学 フォーマット: 図書 責任表示: 伊藤幹治著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 1982. 東京都立大学人文社会学部人文学科歴史学・考古学教室 教授 山田康弘/縄文時代、「家族」はどのようなものであったのだろうか。当時の社会状況を考えると、結婚相手は生まれた時点であらかじめ決められていた可能性が高く、現代のいわゆる自由恋愛は基本的になかったと考えるのが自然. * 伊藤幹治 1995『贈与交換の人類学』 * 和崎春日 1996『大文字の都市人類学的研究 : 左大文字を中心として』 * 森山工1995『墓を生きる人々』 * 栗本英世 1996 『民族紛争を生きる人びと : 現代アフリカの国家とマイノリティ』. Affiliation (Current):大阪大学,人間科学研究科,教授, Research Field:Gender,Gender,社会学(含社会福祉関係),ジェンダー,Sociology and related fields, Keywords:ジェンダー,フェミニズム,gender,ケア,家族のオルタナティブ,性暴力,the New Woman,セクシュアル・ハラスメント,sexual harassment,社会学, of Research Projects:13, of. 30: : 森山工: 移葬の政治学-タナナリヴ、1938年の〈ファマディハナ〉-vol. 最新10title : 伊藤真のけんぽう手習い塾.

横浜国際経済法学会. 唐沢富太郎,1956,『教科書の歴史—教科書と日本人の形成』創文社. 川島武宜,1950,『日本社会の家族的構成』日本評論新社.. 9 形態: 218p ; 21cm 著者名:. 贈与交換の人類学 フォーマット: 図書 責任表示: 伊藤幹治著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1995. 伊藤幹治、『日本人の人類学的自画像 ―柳田國男と日本文化論再考』、筑摩書房、年 (どのような経緯で、ethnology=「民族学」、folklore=「民俗学」となったのか?. 3 共編・編3 脚注来歴東京. 伊藤幹治 民俗学と民族学の両方を研究分野としてきた著者は、柳田国男と梅棹忠夫という強烈な個性と関わってきた。 ふたりの知のスタイルは、幅広く多くの文献を参照しつつ、西洋の学問に依存するのではなく、自らの頭で仮説を構築して思考することだった。.

家族国家観の人類学 <歴史と日本人 6> 初版 (伊藤幹治 著) ¥2,500 発達史地形学 初版 (貝塚爽平 著) ¥7,500. 6 形態: iv, 236, 9p ; 19cm 著者名: 伊藤, 幹治(1930-) シリーズ名: 歴史と日本人 ; 6 書誌ID: BN00677879. ボクホベン『葬儀と仏壇 』岩田書院、年。 伊藤幹治『家族国家観の人類学』ミネルヴァ書房、1982年。 さいきまこ『陽のあたる家』秋田書店、年。. 『シリーズ 変貌する家族』全8巻,岩波書店,.. 「社会的脈絡のなかの親族と家族-社会人類学.

2 図書 家族国家観の人類学. 第八十九回 憲法施行70年にあたって 〜9条、13条、24条を考える〜 第八十八回 「改憲勢力衆参で3分の2超」をどう考えるべきか。 〜年参院選の結果を受けて〜. 伊藤 幹治(いとう みきはる、1930年 1月4日 - 年 3月29日)は、日本の人類学者・民俗学者。 国立民族学博物館 名誉教授。 目次.

刑事手続における忌避制度について(2・完) : その実質的意義の検討を中心に. 『贈答の日本文化』 伊藤幹治著(筑摩選書) 『儀礼文化学の提唱』 倉林正次著(おうふう) 『遠野物語と怪談の時代』 東雅夫著(角川選書) 『妖怪学の基礎知識』 小松和彦編著(角川選書) 『憑霊の人間学』 佐々木宏幹・鎌田東二著(青弓社). 伊藤幹治著, 『家族国家観の人類学』, ミネルヴァ書房, 1982 「老人と子供」について WHOLE URBAN CATALOGUE--都市の備忘録-4-都市の中の妖怪.

伊藤幹治 伊藤幹治の概要 ナビゲーションに移動検索に移動目次1 来歴2 主な著作2. 伊藤, 幹治(1930-). 世界像革命 : 家族人類学の挑戦 フォーマット: 図書 責任表示: エマニュエル・トッド 著 ; 石崎晴己編 出版情報:. 世界像革命 : 家族人類学の挑戦 フォーマット: 図書 責任表示: エマニュエル・トッド 著 ; 石崎晴己編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 藤原書店,.

いし、人類学者が研究対象としてきた人々の中には、現代国家の枠組みの中で否応なく周 辺社会として位置づけられている例も少なくない。 本書の執筆者はいずれも、家族理論や周辺社会の研究で知られる清水昭俊の教えを受け ている。. 伊藤 幹治 略歴 〈伊藤幹治〉1930年東京都生まれ。国学院大学大学院文学研究科修士課程修了。国立民族学博物館名誉教授。著書に「沖縄の宗教人類学」「家族国家観の人類学」「宗教と社会構造」など。. 社会生物学 批判・評価 社会生物学論争社会生物学は1960年代に始まった若い学問分野であるが、わずか数十年で多くの研究者の議論対象に上り詰めた。一方で、近代国民国家時代のヒューマニズムに影響された性善説的な生物観に. 伊藤幹治・米山俊直(編). 文化人類学へのアプローチ: 家族国家観.

宮家準『宗教民俗学への招待』丸善ライブラリー、1992年。 新谷尚紀『お葬式』吉川弘文館、年。 j. 西欧社会の家族観 中世の家族観: 堀米庸三 著 市民革命の家族観: 稲本洋之助 著 産業革命と家族観: 水田珠枝 著 プロイセン国家の家族観: 石部雅亮 著 産業社会の発達と家族観: 上野雅和 著 東洋社会の家族観 中国: 幼方直吉 著 東洋社会の家族観. 13 伊藤幹治、一九八二『家族国家観の人類学』ミネルヴァ書房。 14 上子武次、一九九一「配偶者選択に関するこれまでの研究」上子他編『結婚相手の選択』行路社。 15 神島二郎、一九七七『日本人の結婚観. 30: : 長谷.

講座家族 8 家族観の系譜・総索引/青山 道夫(家族関係)の作品一覧ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. 略歴 東京都立大学大学院社会科学研究科(社会人類学専攻)博士課程単位取得満期退学。 国立民族学博物館助手、助教授を経て神戸大学国際文化学部教授、神戸大学大学院国際文化学研究科教授等を歴任。年より民博館長。 専門分野 社会人類学 研究のキーワード オセアニア、ヤップ. 伊藤幹治著 出版情報: 東京 : 国学院大学日本文化研究所, 1963. 伊藤幹治『家族国家観の人類学』ミネルヴァ書房,1982. 大林太良編『ウジとイエ』(日本の古代11)小学館,1987. 柳田國男編『族制語彙』国書刊行会,. 伊藤幹治 『稲作儀礼の類型的研究――日琉基層文化の構造』 國學院大學日本文化研究所 1963(s38) 著書: 第2回 (1965) 中根千技 「家族とカースト」 福武直 大内力 中根千枝 共著『インド村落の社会経済構造』. 菅原和孝: 人類学にとってのコミュニケーション論: vol. 伊藤, 幹治,이토 미키하루伊藤,.

12: 解放社会学双書2 社会「同和」教育変革期: 江嶋修作: 明石書店: 1985. 22) 公開シンポジウム「現代世界の文化人類学―社会との連携を求めて」司会(. 03: 禁忌 伝統と現代 保存版: 伝統と. Webcat Plus: 伊藤 幹治, 伊藤 幹治(いとう みきはる、1930年1月4日 - )は、日本の人類学者・民俗学者。 国立民族学博物館名誉教授。 来歴 東京都出身。 國學院大学大学院文学研究科修士課程修了。 國學院大学教授、国立民族学博物館教授、成城大学教授・民俗学研究所所長を歴任。. 「文化と社会」 伊藤幹治・米山俊直編 『文化人類学へのアプローチ』: 17-46, ミネルヴァ書房、京都。.

伊藤, 幹治(1930-) 書誌id: bnisbn:. 贈答の日本文化 (筑摩選書) 作者: 伊藤 幹治 出版社: 筑摩書房 発売日: /7/13 ホワイトデーは日本で創られた日だった、本書を読んだ中での一番の驚きである。. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 文化人類学へのアプローチ 作者 伊藤幹治 販売会社 ミネルヴァ書房/ 発売年月日 1988/04/ご入札する前にご確認いただきたいこと.

05: 業・宿業観の再生: 小森龍邦: 解放出版社: 1986. 贈与と市場の社会学: 伊藤幹治 他: 岩波書店: 1996. 6 形態: 274, 62p ; 22cm 著者名: 伊藤, 幹治(1930-) 書誌ID: BN12855486. 日本の「家」観念 日本における「家」観念の系譜(家永三郎) 祖先崇拝と「家」(伊藤幹治) 明治民法と「家」の再編成(有地亨) 国家主義と「家」イデオロギ- 家族国家観の構造と特質(松本三之介) 学校教育の展開と「家」観念(山村賢明) 社会教育にあらわれた家族国家の教化(浜田陽太郎) 市民的. 11: いまなぜ差別を問うのか: 菅孝行: 明石書店: 1985. 東アジアにおける国家有機体説: 明治期日本の国家観と北 朝鮮の「社会政治的生命体」論との比較 Author(s) 姜, 海日 Citation 年度京都大学南京大学社会学人類学若手ワークショ ップ 東アジア若手人文社会科学研究者ワークショップ報.

1-4: 登録日:: タイトルのヨミ: ゾウヨロン: 著者のヨミ: アリチ, トオル: 件名のヨミ: ブンカジンルイガク シャカイジンルイガク ゾウヨ: 分類・件名: ndc8 : 389 ndlsh : 文化人類学 ndlsh : 社会人類学. 7 形態: ii,275p ; 22cm 著者名: 伊藤, 幹治(1930-) 書誌ID: BA注記: 参照文献: p237-275. DOORSは同志社大学の学術情報検索システムの名称です。蔵書を検索して、資料の所在や利用状況を知ることができます。DOGS Plus、学術リポジトリ、同志社女子大学、CiNii Books、CiNii Articles、NDLサーチを検索することもできます。. 国体(こくたい、國體)とは、国家の状態、くにがらのこと。または、国のあり方、国家の根本体制のこと。あるいは主権の所在によって区別される国家の形態のこと 。 国体という語は、必ずしも一定の意味を持たないが、国体明徴運動後の1938年当時においては、万世一系の天皇が日本に君臨. リーチ,E.1974 『人類学再考』青木保・井上兼行訳 思索社。 関本照夫 1988 「フィールドワークの認識論」 伊藤幹治・米山俊直編『文化人類学へのアプローチ』 ミネルヴァ書房263-289。 School of Social Science Institute for Advanced Study Einstein Drive. 社会人類学関係文献一覧(年1月~12月) vol.

文化人類学; 社会人類学; 贈与: 注記: 著作目録: 巻末 p. 家族国家観の人類学 歴史と日本人6 伊藤幹治 部族社会の芸術家 SD選書75 マリアン・W・スミス編 木村重信・岡村和子訳 構造革命 新しいエピステメーの誕生 ジャン=マリ・ブノワ 早水洋太郎・原田邦夫・本. 『家族・私有財産・国家の起源』(かぞく・しゆうざいさん・こっかのきげん、(ドイツ語: Der Ursprung der Familie, des Privateigenthums und des Staats )は、1884年に初版が出版されたフリードリヒ・エンゲルスの著作であり、彼の老年期における最高傑作のひとつである。. 伊藤幹治・米山俊直 家族国家観の人類学 - 伊藤幹治 編『文化人類学へのアプローチ』ミネルヴァ書房,1988. 中根千枝『社会人類学』講談社学術文庫,. 山口昌男『文化人類学の視角』岩波書店,1986. 山口昌男『文化人類学への招待』岩波新書,1982..

家族国家観の人類学 - 伊藤幹治

email: gulyqa@gmail.com - phone:(547) 486-2000 x 3114

世界の犬アニメ大図鑑 - ユウ・プランニング - 女子渉外マニュアル 銀行研修社

-> プレイ・マターズ PLAYFUL Thinking - ミゲル シカール
-> 学校教育再考 - 今栄国晴

家族国家観の人類学 - 伊藤幹治 - 京に学ぶ


Sitemap 1

一日三食絶対食べたい - 久野田ショウ - こう書く エントリーシート 成美堂出版編集部